jRO(ジロー)日本山岳救助機構合同会社

国内唯一の総合的な「山岳遭難対策制度」捜索・救助費用を550万円まで補てん
入会お申し込みはこちら

jRO(ジロー)の「山岳遭難対策制度」だから 1:カバー範囲が広くて安心! 2:遭難後の対応が素早くて安心! 3:「自救力」を高める講習会や講演会が盛りだくさんで安心!4:事後分担金だから負担が少なくて安心!

jROだからできる安心 その1

カバー範囲が広くて安心!

捜索、救助費用を550万円まで補てんし、
jRO会員とご家族をサポートします。

jROだからカバーできる広い分野

登山・ハイキング・縦走・沢登り・岩登り・アルパインクライミング・スポーツクライミグ・ボルダリング・ケイビング・雪山・トレイルラニング・フリークライミング・アイスクライミング・山スキースノーボード・マウンテンバイク・キャンピング・山菜採りキノコ採り

ヨーキくんとコジローのQ&Aコーナー

ヨーキくん

ハイキング保険などでは、「ロープの使用」や「アイゼン、ピッケルの使用」を伴う登山は、補償されないと聞くけど、jROはどうなの?

コジローくん

日本国内の山岳遭難なら、道具や場所、山行スタイルに関係なく、すべてをカバーできるよ。

ヨーキくん

そうなんだ!
じゃ、「病気遭難」は?
よく補償されないっていうよ?

コジローくん

すべてカバーだよ!
原因や状況は関係ないのさ。さらに警察の捜索活動後の「2次捜索費用」も、万が一の「遺体搬送費」も、すべてさ。jROは自力で下山できない状況すべてをカバーするんだ!

カバー範囲が広くて安心
jROへの入会こちらから

日本山岳救助機構会員制度(jRO)入会お申込み

jROだからできる安心 その2

遭難後の対応が素早くて安心!

ご本人様とご家族、関係者からのお問い合わせに、
経験豊富な専門家が捜索や救助の対策を親身にお答えさせていただきます!

ヨーキくんとコジローのQ&Aコーナー

ヨーキくん

遭難したらまず何をしたらいいんだろう? 家族はどうやって救助を手配したらいいのかも解らないし、不安と心細さで一杯だと思うけど……。

コジローくん

そこでjROに相談なのさ。jROは国内唯一の「山岳遭難対策制度™」だからね。事故後の補てん金を支払うだけじゃなく、各地のガイド組織との連携も持っているので、捜索隊の派遣斡旋や救助対策を相談できるんだ。遭難当事者にとって一番いい方法を相談できるのがjROなんだよ。

ヨーキくん

jRO会員ではない人がjRO会員である家族や仲間を捜索する場合も相談していいの?

コジローくん

もちろんだよ! 遭難当事者がjROの会員であれば、救助隊組織の種類にかかわらず、相談に応じます。さらに救助用具の貸し出しもやっているんだ。だからすぐjROに相談だよ!

jROは国内唯一の
総合的な「山岳遭難対策制度™」

捜索・救助に特化した業界最先端の山岳遭難対策制度です。
遭難当事者やご家族と共に、捜索と救助のサポートをおこないます。

日本山岳救助機構会員制度(jRO)入会お申込み

jROだからできる安心 その3

「自救力」を高める講習会や講演会が
盛りだくさんで安心!

「自分を救う力=自救力」を高めるために、各分野の専門家を講師として招き、講習会や講演会を開催しています。
開催スケジュールは、ホームページやメルマガでお知らせいたします。

どなたでも無料で申し込みできる
メルマガ会員への入会はこちらから

jRO メールマガジン購読申込

ヨーキくんとコジローのQ&Aコーナー

ヨーキくん

僕も講習会に参加したことがあるんだけど、ガイドさんや気象予報士、山岳医学の専門家からのお話しは本当に勉強になったよ。

僕も講習会に参加したことがあるんだけど、ガイドさんや気象予報士、山岳医学の専門家からのお話しは本当に勉強になったよ。

コジローくん

知っているつもりでも、本当のプロフェッショナルから聞く話はすごくためになるし、山の知識の向上は自救力向上の第一歩だからね。

ヨーキくん

山の専門家から直接話が聞けるから参加費が高いんじゃないの?

コジローくん

会員は無料だよ! さらに、会員がお連れしたご家族や友人(非会員)も無料で入場できるんだ。

「自救力」UP対策も充実
jROへの入会こちらから

日本山岳救助機構会員制度(jRO)入会お申込み

jROだからできる安心 その4

jROでは、お支払いした補てん金総額を、当該年度の会員の方に等分にご負担いただく事後分担金制度を採用しています。

2017年度の事後分担金は、
たったの500円!

事後分担金・カバレージ制度を
詳しく見るにはこちらから

カバレージ制度について

注)事後負担金とは別に年会費¥2,000+税が必要です。

ヨーキくんとコジローのQ&Aコーナー

ヨーキくん

2017年に支払った事後分担金は、500円だったよ?

コジローくん

会員の方には必ず事後分担金の精算のお知らせをお送りしているんだ。

お知らせイメージ
ヨーキくん

日本国内の山岳遭難を幅広くカバーしながら、こんなにも分担金が安い理由はなに?

コジローくん

それはjROの会員の多さだよ!
みんなで日本の山を楽しみながら、相互扶助の精神で遭難者を助けているのさ。

ヨーキくん

なるほど。僕も日本百名山と日本2百名山を歩いたけど、jROの会員だったことで大きな安心感があったし、応援してくれた人たちの多くもjROの会員だったからね。

jROは国内唯一の総合的な「山岳遭難対策制度™」
捜索・救助費用を550万円まで補てんで安心!

日本山岳救助機構会員制度(jRO)入会お申込み
だから僕もjRO会員です!

会員特典

提携施設に設置されている看板のイメージ

jROの会員は、各地の山小屋・旅館等の提携施設の各種特典やえらべる倶楽部サービスのご利用可能です。

山小屋・旅館等宿泊提携施設

(公社)東京都山岳連盟の賛助会員になったことで、都岳連会員と同等の各種特典の利用が可能です。
山小屋・旅館等宿泊提携施設のご案内 >

jRO by えらべる倶楽部

JTBベネフィットと提携し、おトクな優待プログラムを提供しています。
日本全国の入浴施設やレジャー施設など、6,000ヵ所以上の施設において、二親等以内のご親族様まで特典が受けられます。

えらべる倶楽部のご利用方法は、下のバナーのリンク先にてご確認いただけます。

jRO by えらべる倶楽部

事後分担金制度/
2017年補てん金お支払実績

jROではお支払した補てん金総額を、当該年度の会員の方に等分にご負担いただく事後分担金制度を設けております。
2017年度の会員総数は75,050名でしたので会員1名当たり500円を分担していただくととさせていただきました。
事後分担金は、次年度更新時に次年度会費2,000円(税別)と合算して、登録金融機関口座・クレジット口座からの自動払い込みです。次年度更新をなさらない場合は事後分担金のみのご負担になります。
事後分担金は他の制度や保険等とは異なり、責任準備金や予備積立金等を含みません。お支払した補てん金実費のみですので、結果的に低廉なご負担となっております。

2017年補てん金お支払実績と事後分担金の計算について詳しくは「2017年補てん金お支払実績表(PDF)」をご覧ください。

2017年補てん金お支払実績表

jROは国内唯一の総合的な「山岳遭難対策制度™」
捜索・救助費用を550万円まで補てんで安心!

日本山岳救助機構会員制度(jRO)入会お申込み
だから僕もjRO会員です!
このページのTOPへ
このページのトップへ