自救力アップ講座

  1. ホーム
  2. > 自救力アップ講座
山の安全講座:救急法
熱中症
熱中症

高温下で活動しているときなど、体温の上昇に身体のクーリング機能が追いつかなくなり、体内に熱がこもった状態になる… 続きを読む

山の安全講座:救急法
やけど
やけど

2003年1月、奥秩父の金峰山に単独で登った男性が、テントの中でコッヘルの湯をこぼしてしまって太ももを火傷。そ… 続きを読む

山の安全講座:救急法
高山病
高山病

ふだん標高の低い場所で生活しているわれわれが山に登ると、高度が上がって空気が薄くなることにより、摂取できる酸素… 続きを読む

コラム
山行前のセルフレスキュー
山行前のセルフレスキュー

セルフレスキューは、救助活動などの「事後処理対策」に限ったものではない。次に挙げるような「事前防止対策」も、広… 続きを読む

コラム
自救力アップのすすめ
自救力アップのすすめ

山岳ライター 羽根田 治 今、若者を中心に、登山が再びブームとなっています。従来からの中高年世代と併せ、老若男… 続きを読む

山の安全講座:救助要請
ビバークする
ビバークする

なんらかのアクシデントによって行程が計画どおりに進まず、下山できなかったり目的地にたどり着けなかったりした場合… 続きを読む

山の安全講座:救助要請
道に迷ってしまったら
道に迷ってしまったら

正しいルートに戻るのが優先 登山者ならば、山で道に迷ってヒヤッとした経験は誰にでもあると思う。それが大事にいた… 続きを読む

山の安全講座:救助要請
ヘリコプターレスキュー
ヘリコプターレスキュー

今日のヘリレスキュー 前述したように、今日の山岳遭難救助はヘリコプターなくして語ることはできない。 &nbsp… 続きを読む

山の安全講座:救助要請
救助要請:救助を待つ
救助要請:救助を待つ

救助を要請したあとは、その場所が救助を待つのに適切な場所かどうかをいま一度考えてみる必要がある。救助を待つのに… 続きを読む

山の安全講座:救助要請
救助要請の方法
救助要請の方法

どうやって要請するか かつては救助要請にはもっぱらアマチュア無線が使われていたが、今では圧倒的に携帯電話による… 続きを読む

猪熊隆之の山の観天望気講座
雲から山の天気を学ぼう(第1回)
雲から山の天気を学ぼう(第1回)

気象予報士 猪熊隆之さんの「山の観天望気講座」シリーズ スタートします!! 日本初の山岳気象予報専門会社「ヤマ… 続きを読む

山の安全講座:救助要請
事故発生時の対処
事故発生時の対処

登山中に事故が発生したときにどう行動するか。それを誤ると、傷病者の容体を悪化させてしまうばかりか、パーティのほ… 続きを読む

<<...56789
  • 入会お申込み
  • 講演会のお知らせ
  • ネットショップ エマグストレージ
  • メールマガジン受付
  • jRO事務センター便り
  • JROチャンネル
  • JRO×ココヘリ一括入会プラン
  • JRO×ココヘリ(jRO会員の方)
  • ヤマモリについて
  • 山と自然のネットワークコンパス Compass

田中陽希と学ぶ jROの山岳遭難対策制度