雲から山の天気を学ぼう(第30回)

  1. ホーム
  2. > 自救力アップ講座
  3. > 猪熊隆之の山の観天望気講座
  4. > 雲から山の天気を学ぼう(第30回)

~機窓からの観天望気 石垣島編 partⅢ~

いよいよ飛行機は、紀伊半島沿岸へ。すると面白い光景が。

写真1 紀伊半島で発生する雲

上の写真を見ますと、海には雲が全くないのに、陸地に雲があるのが分かります。面白いですね!なぜ、このようなことが起きているのか。それを解明するために、この日の天気図を見てみましょう。

図1 6月29日(金)6時の天気図

等圧線の向きから当日は南寄りの風、熊野灘では海から陸に向かって風が吹いています。
等圧線が込んでいることから風もやや強まっていることが分かります。さらに、北側に梅雨前線があることから、前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込んでいることも想定できます。

ここまでを頭に入れて写真1をもう一度見ていただきますと、海上にある水蒸気を沢山含んだ空気が陸地に上陸して、上昇させられます。紀伊半島は山が海にまで迫っているので空気が山にぶつかって上昇させられるためです。この空気は非常に湿っているため、上昇した途端にすぐに雲ができるのです。

海岸線に沿って雲が発生していることから、海の上にある空気はギリギリ雲にならない程度の湿った空気であることが分かります。

さて、飛行機は太平洋の上を進んでいくと、機窓から別の飛行機が。飛行機雲が見られます。

写真2 飛行機雲

昔から「飛行機雲が長く残ると天気が崩れる」ということわざがありますが、このときも飛行機雲が長く残っていました。さて、本当に天気が崩れるのでしょうか?

飛行機が飛んでいる高度は高度10km以上。その高度では水蒸気が非常に少なく、乾燥しているため、飛行機雲はすぐに蒸発して消えていきます。しかしながら、低気圧や台風が接近するなど、上空の空気が湿っていると飛行機雲はなかなか消えません。

ただし、梅雨時や夏場は上空の空気が湿っていることが多く、天候の悪化と無関係なときもあります。

文、写真:猪熊隆之(株式会社ヤマテン)
※図、写真、文章の無断転載、転用、複写は禁じる。

山の天気予報のご案内

ヤマテンでは、全国18山域59山の山頂の天気予報や気象予報士の解説、大荒れ情報や「今週末のおすすめ山域」、各種予想天気図、ライブカメラ、ヤマレコの最新記録などをご利用いただける「山の天気予報」を運営しています。毎週木曜日には「今週末のおすすめ山域」を発表しており、年末年始やお盆期間、連休期間中の前には週間予報を発表します。次回は年末年始の予報を発表します。ご登録方法やサービスの詳細につきましては https://i.yamatenki.co.jp/ でご確認ください。
※上記のURLは無料サイトですが、山頂の天気予報や気象情報のメール配信登録、大荒れ情報、「今週末のおすすめ山域」、ライブカメラ、専門天気図等をご利用いただく場合には月額324円(入会月は入会日により日割りでのご請求、退会月は退会日に関わらず1カ月分のご請求になります)の有料会員登録が必要になります。

山の天気を実地(山)で学ぶ講座のご案内

観天望気講座を書いている猪熊隆之やヤマテンの気象予報士が講師を務める「お天気講座」を旅行会社で実施しています。山は雲を観察したり、学んだりする最高のフィールドです。それは、平地から雲を見ると、どうしても下から見上げてしまうので、平面的にしか見えないのに対し、山では、立体的に雲を捉えられるほか、稜線や尾根上では斜面を昇ってくる上昇気流によってできる雲を体感でき、山を挟んだ両側における雲の出き方の違いも観察できます。また、観天望気だけではなく、登山前日の天気図から押さえておくべきポイントや、荒れた天気の日は、気象リスクを減らすために登山者がおこなうべきことを解説し、安全登山の方法について学びます。
空気は目に見えませんが、雲は空気の状態を語ってくれています。雲の聞えない声に耳を傾けながら、楽しく山を登りましょう。皆様とご一緒できることを楽しみにしています。

紅葉の尾瀬ヶ原/雲見ハイキング 1泊2日 東京発着 催行決定!

日程:10月13日(土)~14日(日) ヤマテンポイント6※

企画・実施 毎日新聞旅行

一度行くと誰もがファンになる尾瀬。今回は、秋色に染まる尾瀬ヶ原で山の一夜を過ごします。尾瀬ヶ原のほぼ真ん中の龍宮小屋、西に至仏山、東に燧ヶ岳を望めます。空がどこまでも広い尾瀬で秋の雲を見上げてみましょう。動物の形をした雲、透き通った雲、レンズ状の雲・・・。その日に見られるのはどんな雲でしょうか?

お申込み方法やご旅行代金などツアーの詳細については下記URLでご確認ください。
http://www.maitabi.jp/parts/detail.php?course_no=15171

六甲山最高峰~有馬温泉空見ハイク&机上講座 日帰り

日程:11月2日(金)~3日(土・祝)

企画・実施 ケイランド

講師:猪熊隆之

2日(金) 座学「安全登山のための天気図の読み方」15:00~17:00

3日(土・祝)ロックガーデン~最高峰~有馬温泉のコース 雲見&空見ハイキング

※どちらか1日だけでも参加可能です。
※2日はヤマテンポイント1、3日はヤマテンポイント3

六甲山は関西近郊にある1,000mに満たない山でありながら、海から近いため、雲の変化が激しく、南面と北面でも天気が違うことがあるため、山における天気変化を学ぶには絶好のフィールドです。どのような雲が見られるかは当日のお楽しみですが、雲が語る空気の気持ち(状態)について解説します。空を見上げることが登山の楽しみのひとつとなっていただけたら嬉しいです。

お申込み方法やご旅行代金などツアーの詳細については下記URLでご確認ください。

https://www.yamakei-online.com/lecture/detail.php?id=2862

山の天気を学ぶ机上講座のご案内

ヤマテン主催「山のお天気講座」(東京会場)

大阪、名古屋会場の日程が決定しました!

ヤマテン主催「山のお天気講座」(名古屋会場)

日程:12月8日(土)

初級編「クイズで学ぶ山の天気入門」(午前)

中級編「冬山の気象リスクを予想するための天気図の活用」(午後)

参加費は、一般の方は3,000円ですが、ヤマテン会員の方は2,000円となります(基礎編、中級編両方をお申込みの方は一般の方5,500円、ヤマテン会員の方は3,500円と、500円割引になります)。

※会場やお申込み方法は開催日の1ヵ月程度前に発表します。

ヤマテン主催「山のお天気講座」(大阪会場)

日程:12月9日(日)

初級編「クイズで学ぶ山の天気入門」(午前)

中級編「冬山の気象リスクを予想するための天気図の活用」(午後)

参加費は、一般の方は3,000円ですが、ヤマテン会員の方は2,000円となります(基礎編、中級編両方をお申込みの方は一般の方5,500円、ヤマテン会員の方は3,500円と、500円割引になります)。

※会場やお申込み方法は開催日の1ヵ月程度前に発表します。

ヤマテン主催「山のお天気講座」(東京会場)

日程:11月23日(金・祝)

初級編「冬山の天気入門」(10:30~12:00)

中級編「地上、高層天気図を使って冬山を安全に登ろう」(13:30~15:30)

参加費用:ヤマテン会員2,000円(初級、中級両方参加は3,500円)、会員外3,000円

講師:猪熊隆之(予定)

会場:東京都北区北とぴあ(JR王子駅前)

参加費は、一般の方は3,000円ですが、ヤマテン会員の方は2,000円となります(基礎編、中級編両方をお申込みの方は一般の方5,500円、ヤマテン会員の方は3,500円と、500円割引になります)。

※お申込み方法は開催日の1ヵ月程度前に発表します。

参加費は、一般の方は3,000円ですが、ヤマテン会員の方は2,000円となります(基礎編、中級編両方をお申込みの方は一般の方5,500円、ヤマテン会員の方は3,500円と、500円割引になります)。なお、会員割引は、開催当日に会員になっていただいてる方が対象となります。

※ヤマテンポイントについて

ヤマテンの気象予報士が講師を務める講習会にご参加いただいた皆様にポイントを進呈させていただきます。
机上講座は1回参加につき1ポイント、空見ハイキングなど山での実地講座については1日につき3ポイント(旅行会社企画・実施のものも含みます)を進呈させていただきます。
特定のポイントが溜りますと、素敵なプレゼントを贈呈させていただきます。
詳細につきましては、 http://yamatenki.co.jp/point.php でご確認ください。

雲を学べる絵葉書11枚入りセット(10ポイント溜まるとGET!)

2018年のヤマケイ登山教室 山岳気象講座の日程が決まりました。

東京会場(アルパインツアーサービス本社) 19時~21時
受講料:2,000円 ヤマテンポイント各1ずつ
講 師:渡部均(わたなべ ひとし)

第7回 10月16日(火)

観天望気~雲から学ぶ天気の基本~

お申込み、お問い合わせはアルパインツアーサービス株式会社へ。
http://www.alpine-tour.com/japan/_j_office.html
http://www.alpine-tour.com/japan/

猪熊隆之(いのくまたかゆき)

国内唯一の山岳気象専門会社ヤマテン http://yamatenki.co.jp/ の代表取締役。中央大学山岳部監督。国立登山研修所専門調査委員及び講師。カシオ「プロトレック」開発アドバイザー。チョムカンリ登頂(チベット)、エベレスト西稜(7,700m付近まで)、剣岳北方稜線冬季全山縦走などの登攀歴がある。著書に山の天気にだまされるな(山と渓谷社)、山岳気象予報士で恩返し(三五館)、山岳気象大全(山と溪谷社)。共著に山の天気リスクマネジメント(山と渓谷社)、安全登山の基礎知識(スキージャーナル)。

  • 入会お申込み
  • ヤマモリについて
  • 講演会のお知らせ
  • ネットショップ エマグストレージ
  • メールマガジン受付
  • jRO事務センター便り
  • JROチャンネル
  • JRO×ココヘリ
  • 山と自然のネットワークコンパス Compass

田中陽希と学ぶ jROの山岳遭難対策制度