落雷、極地豪雨を予想しよう(上級編)前編(第40回)

  1. ホーム
  2. > 自救力アップ講座
  3. > 猪熊隆之の山の観天望気講座
  4. > 落雷、極地豪雨を予想しよう(上級編)前編(第40回)

38~39回で、丹沢で落雷事故があった日の雲の変化や天気図から、落雷や局地的な大雨を予想する方法を学びました。今回は、別の日の事例を元に、天気図や雲の変化から、これらの気象リスクを予想する方法についてお話しさせていただきます。前回に比べると内容は少し難しくなり、お友達を連れていくリーダーの方や単独行、登山ガイド向けの内容になっています

事例として取り上げるのは、先日、穂高連峰の岳沢(だけさわ)で行われたガイド協会更新研修時の天候判断についてです。この日は、上空に強い寒気が入り、大気が不安定な状況でした。朝は清々しい青空が広がり、日中天候が崩れていくというまさに、登山ガイドが天候判断を求められる、研修会向きの天気でした。

登山中の気象リスクを減らすためには、登山前日に当日の予想天気図を確認して、どのような気象リスクがあるのかを予め考えておきます。

図1 登山前日(10日)に確認した翌11日9時の地上予想図(気象庁HPより)

この天気図を見てピンと来た方は、気象に詳しい方ですね。
能登半島の北西に前線を持たない低気圧があります。閉じられた等圧線はひとつしかない、小さな低気圧です。前線を持たない小さな低気圧が海上にあるときは、寒冷低気圧の可能性が高いので要注意です。

寒冷低気圧とは、上空に強い寒気を持つ低気圧のこと。落雷や局地豪雨は、積乱雲(せきらんうん)によってもたらされます。積乱雲は、入道雲が上方に成長して(やる気を出していく)いくことで発生します。雲がやる気を出すか出さないかは、観天望気講座10回及び53回に詳しく書いてありますが、雲がやる気を出す(積乱雲が発達する)条件は以下の2つです。

1. 上層(上空5,000m以上など高い所)に強い寒気が入るとき
2. 下層(上空2,000m以下の低い所)に温かく湿った空気が入るとき

それでは、登山当日(今回は岳沢への研修の日)がこの2つに該当するのかどうかを予想天気図で確認してみましょう。

図2 850hPa面(高度約1,500m)の気温と風予想図(ヤマテン専門天気図より)

図3 500hPa面(高度約5,700m)の気温予想図(ヤマテン専門天気図より)

雲がやる気を出す条件1の「上層に強い寒気が入っているかどうか」の目安は、500hPa面(高度約5,700m)の気温を見ることが多いです。6月上~中旬ではマイナス12℃、あるいはマイナス15℃以下が目安となります。梅雨明け後から秋雨に入るまでの夏山の時期は、マイナス6℃以下が目安になります。

それと、もう一つ目安があります。850hPa面(高度約1,500m)と500hPa面の気温の差を調べる方法です。

●850-500の気温27℃以上・・・雲が非常にやる気を出す(落雷、局地豪雨のリスクが非常に高い)
●850-500の気温24℃以上・・・雲がやる気を出す(落雷、局地豪雨のリスクが高い
●850-500の気温21℃以上・・・雲が少しやる気を出す(落雷、局地豪雨のリスクがやや高い)

図2、図3から500hPa面でマイナス15℃以下の寒気が接近していること(寒気が離れていく場所より、近づいてくる場所の方が雲はやる気を出す)、850-500の気温が23~24℃前後であることから、雲がやる気を出す状況だったことが分かります。

さらに、もうひとつの目安である発雷確率も見ていきましょう。

図4 発雷確率(6月11日15~18時) (ヤマテン専門天気図より)

上図は、発雷の確率を色で表したものです。穂高連峰付近では黄色の50%以上80%未満のエリアに入っています。これまでの天気図を総合してみた結果、穂高連峰では11日午後、大気の状態が不安定で、落雷や局地的な豪雨の危険性が高い、と言えるでしょう。

次に、登山ルート中、これらの気象リスクが高い場所について想定していきます。これは地形図や、過去の登山記録、登山アプリなどが参考になります。ここでは、国土地理院の25,000分の1の地形図からリスクを想定していきます。

図5 国土地理院の25,000分の1地形図(電子国土webより)

上高地から岳沢を経由して前穂高岳に登る計画を考えたとします。地形図中に書かれている1~7は気象や地形のリスクが想定される場所です。

1~4は、いずれも等高線が標高の低い方から高い方へ張り出しており、沢状の地形であることが分かります。このような場所では、普段は涸れた沢であっても、大雨の際には水量が多くなったり、鉄砲水が発生したり、土石流が発生する可能性があります。下降も同じルートを取る場合には、そのことを頭に入れておかねばなりません。特に岳沢の本流を横切る3と4の場所は、普段から水流がある場所で、大雨の際に通過できなくなる可能性が高い場所です。

写真1 増水した岳沢の流れ(坂本龍志氏撮影) (ヤマテン専門天気図より)

5と6の辺りは等高線が込み合っていることから傾斜が強いことが分かります。さらにこの辺りからは岩場のマークもあり、転滑落のリスクが高くなることも想定できます。過去の記録やエアリアマップなどを見ても、鎖場が連続することが書かれています。雨で岩が濡れれば、滑落のリスクはさらに増すことが考えられます。

また、5の辺りで植生のマークが広葉樹からハイマツ地に変わっています。この辺りが森林限界となります。もちろん、地形図が全て正しい訳ではなく、間違っている情報もありますから、現地で確認することが必要です。

図6 地形図に書かれている植生のマーク

森林限界より上部では、風や雷から身を守れる場所が少なく、荒天時には低体温症や落雷のリスクが高まります。したがって、ここで進退の判断をすることが重要になります。重太郎新道での森林限界は、地形図から2,500~2,600m付近と読み取れます。穂高連峰など標高3,000m級の山岳では西風が吹くことが多いです。前穂高岳の西側には、標高2,900m級の西穂高岳や間ノ岳がありますので、風はこれらの山に遮られて弱まります。標高2,900mの紀美子平(図中の7)を越えると、風はこれらの山に遮られなくなり、急に強まります。従って、紀美子平での進退判断も重要です。

さて、ここまで登山前に考えた上で、実際に歩いていきます。後編では、現場で雲を観察して、落雷や強雨をもたらす積乱雲の発達を予想する方法をお伝えします。

文、写真:猪熊隆之(株式会社ヤマテン)

※図、写真、文章の無断転載、転用、複写は禁じる。

山の天気予報のご案内

ヤマテンでは、全国18山域59山の山頂の天気予報や気象予報士の解説、大荒れ情報や「今週末のおすすめ山域(毎週木曜日発表)」、各種予想天気図、ライブカメラ、ヤマレコの最新記録などをご利用いただける「山の天気予報」を運営しています。また、GW連休期間やお盆期間、海の日、年末年始など連休期間前には週間予報を発表します。次回は8月13日(火)にお盆期間後半の天気予報を発表する予定です。皆様の登山計画を立てる際や、安全登山にぜひ、お役立てください。ご登録方法やサービスの詳細につきましては https://i.yamatenki.co.jp/ でご確認ください。
※上記のURLは無料サイトですが、山頂の天気予報や気象情報のメール配信登録、大荒れ情報、「今週末のおすすめ山域」、ライブカメラ、専門天気図等をご利用いただく場合には月額324円(入会月は入会日により日割りでのご請求、退会月は退会日に関わらず1カ月分のご請求になります)の有料会員登録が必要になります。

 

山の天気を実地(山)で学ぶ講座のご案内

観天望気講座を書いている猪熊隆之や、ヤマテンの気象予報士が講師を務める「お天気講座」 を旅行会社などで実施しています。山は雲を観察したり、学んだりする最高のフィールドです。それは、平地から雲を見ると、どうしても下から見上げてしまうので、平面的にしか見えないのに対し、山では、立体的に雲を捉えられるほか、稜線や尾根上では斜面を昇ってくる上昇気流によってできる雲を体感でき、山を挟んだ両側における雲の出き方の違いも観察できます。また、観天望気だけではなく、登山前日の天気図から押さえておくべきポイントや、荒れた天気の日は、気象リスクを減らすために登山者がおこなうべきことを解説し、安全登山の方法について学びます。
空気は目に見えませんが、雲は空気の状態を語ってくれています。雲の聞えない声に耳を傾けながら、楽しく山を登りましょう。皆様とご一緒できることを楽しみにしています。

那須連峰縦走 空見ハイキング

那須は強風による事故が多い山岳。稜線を縦走することで、風を体感し、強風時の対策や、天気図や観天望気から風の強さや向きを予想して登山のリスクを減らしていくことを学びます。那須の紅葉や、三斗小屋温泉での宿泊も楽しみ。

日程:10月26日(土)~27日(日)

講師:渡部均(予定)

お申込み方法や内容、ご参加料金など詳細は、

アルパインツアーサービスにお問い合わせください。お申込みやツアーの詳細については以下のURLでご確認ください。
http://alpine-tour.com/japan/2019_04/061c.html

2019年度ヤマテン主催「山のお天気講座」

東京会場(アルパインツアーサービス本社) 19時~21時
受講料:3,000円 ヤマテンポイント各1

毎月1回120分(質疑応答含)

講師:渡部 均
山の天気の基本を、実際の山における実例から学びましょう。1回のみの参加でもOKですが、今年度は全ての受講が基礎編ですので、連続受講をお勧めします。前回の復習も必ず行います。

場所:アルパインツアーサービス本社 特設説明会場

4/24(水):山岳気象のキホンと春山の気象遭難・・・終了しました

5/29(水):高気圧と低気圧、前線・・・終了しました

6/19(水):梅雨期の気象の特徴とリスク・・・終了しました

7/10(水):夏山の気象~落雷と短時間強雨から身を守るための知識~・・・終了しました

8/21(水):台風の進路予想図の見方と登山上の注意

9/25(水):気象遭難を防ぐための天気図の見方(秋山編)

10/23(水):衛星画像の利用法

11/20(水):観天望気入門

12/11(水):冬山のお天気入門

お申込み、お問い合わせはアルパインツアーサービス株式会社へ。
http://alpine-tour.com/japan/

ヤマテンポイントについて

ヤマテンの気象予報士が講師を務める講習会にご参加いただいた皆様にポイントを進呈させていただきます。
机上講座は1回参加につき1ポイント、空見ハイキングなど山での実地講座については1日につき3ポイント(旅行会社企画・実施のものも含みます)を進呈させていただきます。
特定のポイントが溜りますと、素敵なプレゼントを贈呈させていただきます。
詳細につきましては、 http://yamatenki.co.jp/point.php でご確認ください。

雲を学べる絵葉書11枚入りセット(10ポイント溜まるとGET!)

猪熊隆之(いのくまたかゆき)

国内唯一の山岳気象専門会社ヤマテン http://yamatenki.co.jp/ の代表取締役。中央大学山岳部監督。国立登山研修所専門調査委員及び講師。カシオ「プロトレック」開発アドバイザー。チョムカンリ登頂(チベット)、エベレスト西稜(7,700m付近まで)、剣岳北方稜線冬季全山縦走などの登攀歴がある。著書に山の天気にだまされるな(山と渓谷社)、山岳気象予報士で恩返し(三五館)、山岳気象大全(山と溪谷社)。共著に山の天気リスクマネジメント(山と渓谷社)、安全登山の基礎知識(スキージャーナル)。

  • 入会お申込み
  • 講演会のお知らせ
  • ネットショップ エマグストレージ
  • メールマガジン受付
  • jRO事務センター便り
  • JROチャンネル
  • JRO×ココヘリ一括入会プラン
  • JRO×ココヘリ(jRO会員の方)
  • ヤマモリについて
  • 山と自然のネットワークコンパス Compass

田中陽希と学ぶ jROの山岳遭難対策制度