カバレージ請求手続き編

  1. ホーム
  2. > よくあるご質問
  3. > カバレージ請求手続き編

1.遭難事故が起こったときはどうしたらよいですか?

  • まず、遭難者へのセルフレスキュー、二次遭難の防止です。
  • 次に救助要請(地元警察、山小屋、通りかかった登山者など)をしましょう。
  • 手順についてはjRO HPを参照

2.救助後は?

  • まず、jRO事務センターへご一報ください。当面のご対応をご案内します。
  • 救助活動中の費用が発生した場合は、できるだけ領収書や記録を取っておいてください。
  • 救助・病院収容後など事態が収拾されてから、あらためて必要な書類や手続きのご案内をいたします。

3.手続きは誰がするのですか?

  • 原則は会員ご本人か法定相続人代表者です。
  • 山岳会代表者などの場合は事務センターへお問い合わせください。

4.いつまでに請求の手続きをすればいいですか?

  • 事故後1年以内、かつ最終の捜索救助費用実費のお支払いから1ヶ月以内にお願いいたします。

5.必要な書類は?

  • まず、その用紙で事務センターへお知らせください。もちろん、用紙以外でもTEL、メール、FAXでも結構ですので
    事故概要をおしらせください。
  • 上記により、必要書類のご案内を申しあげます。
  • 入会お申込み
  • ヤマモリについて
  • 講演会のお知らせ
  • ネットショップ エマグストレージ
  • メールマガジン受付
  • jRO事務センター便り
  • JROチャンネル
  • 山と自然のネットワークコンパス Compass