雲から山の天気を学ぼう(第20回)

  1. ホーム
  2. > 自救力アップ講座
  3. > 猪熊隆之の山の観天望気講座

~ある晴れた日の突然の大雨を予想する~

今年の5月は雨が少なかったのですが、私の住んでいる八ヶ岳西面の山麓では5月17日(水)に極地豪雨に見舞われました。すぐ隣の諏訪市ではほとんど雨が降らなかったので、アメダスなどの観測データには、この豪雨は現れませんでした(解析雨量にはわずかに現れました)。一方、18日(木)は東京に出張でしたが、新宿に到着すると、土砂降りの雨でした。このときも直前に通過した中野付近では雨はほとんど降っていませんでした。
これらの局地的な強雨をもたらした雲の正体は積乱雲です。積乱雲は入道雲とも呼ばれ、ソフトクリームヤカリフラワーのような形をした美味しそうな雲ですが、落雷や局地豪雨、大雨、突風、降雹などをもたらす危険なヤツなんです。実は、この危険なヤツは神出鬼没で、前日にどこで何時に出現するのかを予想するのは現代の予報技術からしても難しいのが実情です。
実際、17日、18日の地上天気図を見てみると・・・

図1 17日12時の天気図

図2 18日12時の天気図

いずれも高気圧に覆われて天気が崩れそうもない気圧配置です。
それではなぜ、このような危ないヤツが発生したのでしょう。
第10回の講義で、雲にはやる気のあるヤツとないヤツがいると説明しました。雲がやる気を出すと、上方にもくもくと成長し、危ないヤツ(積乱雲)になっていくのです。雲のやる気を左右するのは、

1.上層(高度5,000m以上)に強い寒気が入る
2.下層(高度1,500m以下)に温かく湿った空気が入る

この2つが重要でした。5、6月の時期には時々、内陸を中心に日中、30℃を超えるような暑い日がありますが、そのようなときに上層に強い寒気が入ると、俄然雲はやる気を出します。5月中旬から6月上旬に時期には500hPa面(高度約5,700m付近)でマイナス15~18℃以下という寒気が目安となります。これが落雷や局地豪雨が発生する可能性を前日までの段階で知る手がかりになります。

写真1 一見、美味しそうだけど危険なヤツ

さて、茅野市付近で局地豪雨が発生した17日と東京都心で激しい雨が降った18日との寒気を見てみます。

図3 500hPa(高度約5700m付近)の気温(5月17日12時)

図4 500hPa面の気温(5月18日9時)

※図1、図2ともに「山の天気予報」 https://i.yamatenki.co.jp/ 専門天気図より

これらの図を見ると、500hPaでマイナス18℃以下の寒気が向かっていく方向で(マイナス18℃以下の寒気の南側や南東側)で局地豪雨が発生しています。
高気圧に覆われて晴れ予想になっていても、このような寒気が入ってくるときは、落雷や局地豪雨のリスクを考えましょう。ちなみに、梅雨明け以降、真夏の時期の目安はマイナス6℃以下になります。

あとは、現場での判断ということになります。登山口、あるいはその日出発する山小屋や幕営地で雲のチェックをします。

写真2 朝から雲がやる気を出している状態

上の写真は、朝早い時間の八ヶ岳方面を見た写真です。八ヶ岳にもくもくとした雲が出ています。午後になってこのような雲が出てくることは珍しいことではありませんが、朝からこうした雲が出ているときは要注意です。日中、地面付近の気温があがって上空との温度差が大きくなると、益々雲がやる気を出してしまうからです。出発時の雲観察は重要なんですね。

写真3 八ヶ岳の東面(小海線側)で発達する積乱雲

実際、この日は午後になると、写真3(上)のように、雲がやる気を出していきました。この日は、私の住む八ヶ岳西面よりも東面(小海線側)の方が気温が上昇し、水蒸気も多かったため、八ヶ岳の反対側(奥)で雲が発達しました。

写真4 立川~日野間の多摩川の陸橋から都心方向の積乱雲群を見る

写真4(上)は、18日に特急あずさの車窓から見た都心から川崎方面にある発達した積乱雲群です。このように積乱雲は複数の雲から成り立っていることが多く、それらが同じ場所で盛衰を繰り返すと、その場所で記録的な豪雨となります。
山の稜線を歩いているときに、こうした積乱雲が集団で接近してくるときは、すぐに避難しましょう。

文、写真:猪熊隆之(株式会社ヤマテン)
※図、写真、文章の無断転載、転用、複写は禁じる。

山の天気予報のご案内

ヤマテンでは、全国18山域59山の山頂の天気予報や気象予報士の解説、大荒れ情報や「今週末のおすすめ山域」、各種予想天気図、ライブカメラ、ヤマレコの最新記録などをご利用いただける「山の天気予報」を運営しています。夏のお盆の時期などには週間予報を全国18山域で発表します。また、気象遭難のリスクが高まるときには「大荒れ情報」を発表します。ご登録方法やサービスの詳細につきましてはhttps://i.yamatenki.co.jp/でご確認ください。

※上記のURLは無料サイトですが、山頂の天気予報や気象情報のメール配信登録、大荒れ情報、「今週末のおすすめ山域」、ライブカメラ、専門天気図等をご利用いただく場合には月額324円(入会月は入会日により日割りでのご請求、退会月は退会日に関わらず1カ月分のご請求になります)の有料会員登録が必要になります。

山の天気を実地(山)で学ぶ講座のご案内

観天望気講座を書いている猪熊隆之やヤマテンの気象予報士が講師を務める「空見ハイキング」を旅行会社で実施しています。山に登ることは空に近づくこと。空見ハイキングでは「雲や風の気持ちとは?」「天気が崩れるサインは?」「あの雲はどうしてあんな形なの?」などなど、いつもは見上げている雲を、同じ目線で、時には雲を見下ろしながらたっぷりと楽しむハイキングです。山でしかできない空見を一緒に楽しみましょう!

8月23日(水) 富士・宝永山 日帰り

富士山の静岡県側は駿河湾や相模湾からの湿った空気の影響で、雲がダイナミックに変化することで知られています。雲の動きやメカニズムを学ぶのに最適なツアーです。
ツアーのお問い合わせや詳細、お申込みにつきましては下記URL、またはツアーを企画・実施するアルパインツアーサービスにお電話にてご確認ください。

http://alpine-tour.com/japan/2017_04/12g.html
e-mail: kokunai@alpine-tour.com
電話:03-3503-0223

9月20日(水)~21日(木) 平日の尾瀬ヶ原縦断 1泊2日

「はるかな尾瀬」と歌われ、至仏山や燧ヶ岳などの名峰に抱かれる尾瀬ヶ原。空が開けた草紅葉の美しい湿原で秋の雲をたっぷりと眺めます。雲が発するサインから今後の天気を読み取りましょう。平日開催なので、静かな尾瀬を満喫できるのも魅力。
詳細はツアーを企画・実施するアルパインツアーサービスにお問合せください。

http://alpine-tour.com/japan/2017_04/12c.html
e-mail: kokunai@alpine-tour.com
電話:03-3503-0223

ヤマテン&オフィス気象キャスター お天気講座(机上)
初級編:秋山の天気入門(午前)/中級編:秋山の気象リスクを予想する

9月9日(土)にに東京会場で実施します。詳細につきましては、今後、ヤマテンホームページ http://yamatenki.co.jp/course.php でご案内させていただきます。また、ヤマテン会員の皆様はニュースメールでもお知らせいたします。

猪熊隆之(いのくまたかゆき)

国内唯一の山岳気象専門会社ヤマテン http://yamatenki.co.jp/ の代表取締役。中央大学山岳部監督。国立登山研修所専門調査委員及び講師。カシオ「プロトレック」開発アドバイザー。チョムカンリ登頂(チベット)、エベレスト西稜(7,700m付近まで)、剣岳北方稜線冬季全山縦走などの登攀歴がある。著書に山の天気にだまされるな(山と渓谷社)、山岳気象予報士で恩返し(三五館)、山岳気象大全(山と溪谷社)。共著に山の天気リスクマネジメント(山と渓谷社)、安全登山の基礎知識(スキージャーナル)。

 

  • 入会お申込み
  • ヤマモリについて
  • 講演会のお知らせ
  • ネットショップ エマグストレージ
  • メールマガジン受付
  • jRO事務センター便り
  • JROチャンネル
  • 山と自然のネットワークコンパス Compass