雲から山の天気を学ぼう(第18回)

  1. ホーム
  2. > 自救力アップ講座
  3. > 猪熊隆之の山の観天望気講座

~疑似好天に騙されるな!~

今回は、疑似好天を観天望気から予想する方法についてお話しします。

疑似好天とは、一時的に天気が回復した後、天候が急変して風雨や風雪が強まるなど天候が回復したように見えて、実は一時的な回復にしないような天気のことを言います。

過去には1989年10月連休の立山での大量遭難や、2012年GWの北アルプスでの大量遭難など、疑似好天によって起きているものが少なくありません。

山麓の予報(無料サイトでは、山の天気予報と書かれていても実際には山麓の予報であることが多いので注意)では予想できないことが多く、山頂の精度の高い予報を発表している所でも、悪天となる時間が早まったりすることがあります。

したがって、最終的には現場で天候悪化を予兆させる雲が現れないか確認することが大切です。疑似好天は日本海側の山岳で多く発生します。そこで、ここでは北アルプスや白山、谷川連峰、越後三山、飯豊・朝日連峰、月山など日本海側の山岳で疑似好天の前に見られる雲の変化について説明します。

1.登山口で山にかかっている雲を確認

登山口で山に雲がかかっているかどうか確認しましょう。たとえ、山麓で晴れていても下の写真(写真1)のように山にベッタリ雲が張り付いている場合、山では荒れた天気になっていると思ってください。
写真1 八方尾根からの白馬三山方面にかかる雲

下の写真(写真2)は、上の写真と同じ日の1時間後のものです。このように時間とともに、山に張り付いている雲が大きくなり、次第に中腹以下を覆うようになってくるときは、天候が悪化していきます。

写真2 写真1の約1時間後の状況

こまでの写真は白馬村振興公社提供(八方池山荘のライブカメラより)
別の疑似好天の日の雲変化を見ていきましょう。今度は、山の上にも雲がない場合です。

写真3 白馬山麓からの白馬岳

写真3を見ると、山に雲がかかっているように見えますが、これは山の手前にある低い雲で、実際には稜線でも青空が広がっています。山に陽が当たっているのが分かりますよね。この後も好天が続くと思ってしまいそうな空です。

ところが・・・。

写真4 写真3の約1時間後の状況

山の上に雲が張り付いてきました。さらに・・・。

写真5 写真4の数時間後の状況

上の写真(写真5)では山全体を雲が覆うようになってきました。この時点で山は猛吹雪となりました。

このように、山に張り付く雲について観察することが、疑似好天を判断する際に大切です。

2.日本海の方向にある雲を確認

日本海側の山岳で天気が大きく崩れるときは、日本海の方向から雲が接近してきます。稜線や、日本海の方向が見渡せる尾根上にいるときには、日本海(多くの山岳では西や北西側)の方向の空を頻繁に観察するようにしましょう。

下の写真(写真6)は、あるゴールデンウィークの日の空です。この日は山麓の天気予報では好天を予想しており、山頂の予報でも午後からの崩れを予想していましたが、予想より早く、午前中から崩れてきました。この天候悪化などの影響により、北アルプスでは遭難が相次ぎました。

写真は燕山荘から燕岳、立山方面を見たものです。つまり、北~北西方向にあたり、日本海の方向になります。白い盛り上がった雲と灰色の雲がうねったように連なっています。

これはレンズ雲と言い、上空の風が強いときにしか発生しません。既に稜線では風が強まっているか、今強まっていなくても今後、急速に強まっていくことを示しています。

写真6 レンズ雲が浮かぶ空。燕山荘から北~北西の燕岳~立山連峰方面を望む

さらに時間が経つと、雲は厚くなり、レンズ雲は灰色に変わっていきます(写真7)。こうなると、悪天になるのに時間がかかりません。この状態で撤退するのは遅すぎます。上の写真の状況から、今日の天気が予想より早く崩れることを察知し、表銀座方面の縦走を取りやめ、燕岳の往復に切り替えたり、合戦尾根を下山するという判断をすることが大切です。

写真7 鉛色の雲が広がってきた燕岳上空

ここまでの写真は燕山荘さんにご提供いただきました。

また、日本海の方向に写真8、9のような雲が現れたときは要注意です。

写真8 日本海の方向に浮かぶ積乱雲の雲列(新潟市付近)。このような雲列が日本海から迫ってくるとき、山は大荒れの天気となっていく。

上の写真を見ると、もくもくとした雲が帯状に連なっています。山の上から見ると、雲底の暗さは見えず、もう少し白っぽい雲が連なっているように見えます(写真9)。また、雲底が暗くなっています。これらの雲が違づいてくると、天気が急変し、落雷や強雨、強い雪、突風などの激しい気象現象をもたらします。

写真9 北アルプス上空の雪雲

登山前には山の上の雲を、登山中には日本海の方向や上部にかかる雲をチェックして、天候悪化を察知しましょう。

※図、文章、写真の無断転載、転用、複写は禁じる。

写真(白馬村振興公社、燕山荘提供以外のもの)、文責:猪熊隆之

山の天気予報のご案内

ヤマテンでは、全国18山域59山の山頂の天気予報や気象予報士の解説、大荒れ情報や「今週末のおすすめ山域」、各種予想天気図、ライブカメラ、ヤマレコの最新記録などをご利用いただける「山の天気予報」を運営しています。ゴールデンウィーク前半の登山におすすめの山域について、4月27日(木)に、後半のおすすめ山域は5月2日(火)に発表します。また、その間の4月30日(日)には、5月7日(日)までの週間予報を全国18山域で発表します。ゴールデンウィーク期間中のおすすめ山域はメール配信登録が必要になります。ご登録方法やサービスの詳細につきましては https://i.yamatenki.co.jp/ でご確認ください。

※上記のURLは無料サイトですが、山頂の天気予報や気象情報のメール配信登録、大荒れ情報、「今週末のおすすめ山域」、ライブカメラ、専門天気図等をご利用いただく場合には月額324円(入会月は入会日により日割りでのご請求、退会月は退会日に関わらず1カ月分のご請求になります)の有料会員登録が必要になります。

 山の天気を実地(山)で学ぶ講座のご案内

観天望気講座を書いている猪熊隆之やヤマテンの気象予報士が講師を務める「お天気講座」を旅行会社で実施しています。山は雲を観察したり、学んだりする最高のフィールドです。それは、平地から雲を見ると、どうしても下から見上げてしまうので、平面的にしか見えないのに対し、山では、立体的に雲を捉えられるほか、稜線や尾根上では斜面を昇ってくる上昇気流によってできる雲を体感でき、山を挟んだ両側における雲の出き方の違いも観察できます。また、観天望気だけではなく、登山前日の天気図から押さえておくべきポイントや、荒れた天気の日は、気象リスクを減らすために登山者がおこなうべきことを解説し、安全登山の方法について学びます。

空気は目に見えませんが、雲は空気の状態を語ってくれています。雲の聞えない声に耳を傾けながら、楽しく山を登りましょう。皆様とご一緒できることを楽しみにしています。

5月10日(水)天気の境界で観天望気を学ぶ大菩薩嶺ハイキング 日帰り 催行決定!

甲斐大和駅発着に変更になり、旅行代金が変更になりました。詳細はアルパインツアーサービス株式会社へお問い合わせください。メールはkokunai@alpine-tour.com お電話は03-3503-0223になります。講師は渡部です。

5月13日(土) お天気セミナー&ハイキング in 伊吹山 日帰り 催行決定!

伊吹山山麓の文化センターでお天気講座の後、伊吹山を歩きながら当日見られる雲についての説明や、気象リスクを防ぐ方法、天候変化を読み解く方法について学びます。登山前に準備しておくべきことから、登山中に判断すべきことまで一日で体験できる、お得なツアーです。中日ツアーズ山旅倶楽部限定の特別料金も魅力。お申込みやツアーの詳細は
http://www.chunichi-tour.co.jp/aruku/detail.php?kiji_id=5839 でご確認ください。講師は猪熊です。

6月17日(土)~18日(日) 雲取山から石尾根縦走 1泊2日

東京都最高峰の雲取山は、秩父側、甲州側、奥多摩側とで天候が異なることがあり、天気の分水嶺とも言えます。地形が雲の発生に及ぼす影響について学び、三峰口から石尾根へと縦走する充実の山行です。お申込みやツアーの詳細は以下のURLでご確認ください。講師は猪熊です。

http://alpine-tour.com/japan/2017_04/12a.html

http://www.yamakei-online.com/tour/detail.php?tour_id=186819

 

猪熊隆之(いのくまたかゆき)

国内唯一の山岳気象専門会社ヤマテン http://yamatenki.co.jp/ の代表取締役。中央大学山岳部監督。国立登山研修所専門調査委員及び講師。カシオ「プロトレック」開発アドバイザー。チョムカンリ登頂(チベット)、エベレスト西稜(7,700m付近まで)、剣岳北方稜線冬季全山縦走などの登攀歴がある。著書に山の天気にだまされるな(山と渓谷社)、山岳気象予報士で恩返し(三五館)、山岳気象大全(山と溪谷社)。共著に山の天気リスクマネジメント(山と渓谷社)、安全登山の基礎知識(スキージャーナル)。

  • 入会お申込み
  • ヤマモリについて
  • 講演会のお知らせ
  • ネットショップ エマグストレージ
  • メールマガジン受付
  • jRO事務センター便り
  • JROチャンネル
  • 山と自然のネットワークコンパス Compass