経年劣化にご用心!履いていなくても、登山靴は壊れます。

  1. ホーム
  2. > 自救力アップ講座
  3. > コラム
  4. > 経年劣化にご用心!履いていなくても、登山靴は壊れます。

登山靴の中で、ミッドソールに「ポリウレタン」を使用した製品は、「ポリウレタン」が年数を経ることで劣化し(「経年劣化」)、ミッドソールの破壊 が起こる可能性があります。また、ソールを貼り付ける接着剤がポリウレタン系の場合も同様に接着剤が劣化し、ソールがパッカリとはがれてしまう可能性があ ります。

ポリウレタンは軽量で耐摩耗性に優れ、適度な衝撃緩衝性を持っています。そのため、登山靴やトレッキングシューズのミッドソールに多く採用されてきました。

しかし、優れた性質を持つポリウレタンのミッドソールも、使用頻度や保存状態によって劣化し、突然ソールが剥がれたり、破壊が起こる場合があるので す。この原因として温度や湿度があげられます。一般的に製造後5年程度が寿命とされていますが、これは使用頻度、保存方法・状況によってさらに短くなりま す。

山に行く前にトレッキングシューズの点検を

もし仮に、山を歩いているときにソールが剥がれてしまえば、思わぬ大きな事故につながります。山行が安全でたのしい思い出になるよう、ご使用前には 必ず登山靴・トレッキングシューズの安全点検を行ってください。そして、少しでも以上が見つかった場合は、絶対に使用しないでください。そして、「靴は壊 れるものだ」という認識を持って、どんな靴でも5年ほどの年月が経過したものは新しいものに買い換えるように心がけてください。

使用前の点検方法

boots_img01

登山靴、トレッキングシューズ本体やミッドソール、フック、D環などに以上がないか点検してください。とくに、ミッドソールは、ソールの屈曲を繰り返して ひび割れなどの以上がないかを確認してください。長期間使用していない登山靴、トレッキングシューズは「経年劣化」による破壊が起こりやすいので、とくに 入念に安全確認を行ってください。そして、少しでも以上が見られた場合は、絶対に使用しないでください。

使用後の手入れ

トレッキングブーツを使用された後には、本体や靴底を水洗いして、泥や土や小石等を除去してください。洗った後は、乾いたタオル等で水気を取ってください。乾燥は、風通しのよい場所で十分に陰干しをした後、はっ水スプレー等でメンテナンスを施してください。

保管方法

ビニール袋などで密閉しないように、通気性の良い(風通しの良い)場所で保管してください。高温多湿になる場所(ベランダや物置、クルマのトランクなど) は絶対に避け、また押し入れや靴箱などで保管する場合でも、定期的に風通しの良い場所で陰干しをするように心がけてください。

万一に備えて!

万一登山中にソールがはがれたり、破損が生じたりした時には、応急処置をして最短コースで速やかに下山してください。

そのまま山行計画を続けるのは危険です。「この程度なら大丈夫」と歩き続けたことによる事故も起きています。

応急措置

針金や、細引き、テープなどで本体とソールをしっかりと固定してください。

針金

boots_s01

針金は強度が強いのでしっかりと固定できます。ただし、岩場などでは大変滑りやすいので十分注意してください。

細引き

boots_s02

細引きを使用する場合は 、しっかりと結び、時折緩みをチェックしながら下山してください。

テープ

boots_s03

テーピングテープを使用する場合、ソールのパターンが覆われ、滑りやすくなるので十分注意してください。

※登山やトレッキングでは針金、細引き、ガムテープ、テーピングテープなどは、他の用途でも重宝するので常に携行しましょう。

  • 入会お申込み
  • ヤマモリについて
  • 講演会のお知らせ
  • ネットショップ エマグストレージ
  • メールマガジン受付
  • jRO事務センター便り
  • JROチャンネル
  • 山と自然のネットワークコンパス Compass