春夏秋冬山便り-「西上州のマッターホルン!立岩」(2018年5月)

  1. ホーム
  2. > 自救力アップ講座
  3. > 春夏秋冬・山便り
  4. > 春夏秋冬山便り-「西上州のマッターホルン!立岩」(2018年5月)

群馬県南牧村の奥、長野県境にある立岩のレポートです。

 急登の鎖場や痩せ尾根のアップダウンの変化に富んだ稜線です、新緑、ツツジの季節に合わせればさらに魅力なコースになります。
登山計画には西上州、長野県の県境に近く交通の便が悪いので情報には注意が必要です。
登山口の木橋を渡りすぐに星尾峠の分岐、威怒牟畿(いぬむき)不動尊の分岐を共に右に分けて立岩基部の樹林帯をトラバース気味に登りほどなく東、西立岩のコルに続くガレ場に到着、近年丈夫な鎖になりましたが後続への落石は要注意です。
右側壁頭上には足場の狭い鎖場が続きこのコースの核心部なので先行登山者の落石は特に注意しましょう、このコースはヘルメット着用が標準と言えます。

まき気味の鎖場のトラバースから普通の登山道となりミズナラの巨樹のある稜線に到達、山頂反対側の樹林帯を鎖などでバランスをとりながら急登を登り詰めると標識のある西立岩山頂に到達します。
山頂からは正面にはこれから通過するジャンダルム、荒船山に続く経塚山、左稜線に兜岩山、右稜線に毛無岩の稜線のパノラマが広がります。

昼食に最適な場所ですが足元は切れ落ちているので要注意です、山頂からの急な草付の下りに注意ミツバツツジの咲く細い稜線とジャンダルを左にまき荒船山分岐点に到達します。
荒船山~内山峠への縦走は魅力的ですがまだ4/1程度の行程で日没になることもあり先を急ぎたいものです。
今回は立岩周回コースを選択、しっかりした踏み跡があり威怒牟畿(いぬむき)不動尊のオーバーハングした大岸壁の下を通過して元の登山口に戻ります。
この堂は立派な立看板に寛延(1750年) 吉祥寺二十七世光海阿闍梨の建立とありました、大正初期まで多くの参拝者や行者が訪れたとのことです。

西立岩山頂は天候に恵まれれば、遠く八ヶ岳や北アルプスもっ見渡せることでしょう。

  • 入会お申込み
  • ヤマモリについて
  • 講演会のお知らせ
  • ネットショップ エマグストレージ
  • メールマガジン受付
  • jRO事務センター便り
  • JROチャンネル
  • 山と自然のネットワークコンパス Compass