ビバークする

  1. ホーム
  2. > 自救力アップ講座
  3. > 山の安全講座:救助要請
  4. > ビバークする

rescue_007

なんらかのアクシデントによって行程が計画どおりに進まず、下山できなかったり目的地にたどり着けなかったりした場合には、山中でビバークすることになる。

 

その際にもっとも大切なのが状況判断である。「山中でツラい一夜を過ごすよりは、多少無理してでも下山したほうがいい」などと考えてしまうと、いた ずらに体力を消耗するだけでなく、夜間の行動中に転滑落を引き起こすなどして、状況をいっそう悪化させることになる。そうならないように、リーダーは残り の行程と日没までの時間、それにメンバーの体力などをよく考え、「無理そうだ」と思ったら早めにビバークを決断しよう。

 

ビバークと決めたら、さっそく場所探しにとりかかる。ツラい一夜になるかどうかは、場所選びにかかってくる。増水が懸念される沢沿い、転滑落や落石 の危険がある斜面や崖のそばはNG。風雨をまともに受ける尾根状や山頂も避けたい。なるべく平坦な場所で、風雨が避けられる樹林帯や潅木帯のなか、岩陰な どが見つかればベストだ。こうした場所選びも、日が暮れてしまうと困難になり、場合によっては危険な場所でのビバークを強いられることになってしまう。明 るいうちに決断を下すのは、そのためでもある。

 

場所が決まったら、次にツエルトを張ろう。いうまでもなく、ツエルトは山登りの必携品である。かぶる、くるまる、下に敷く、タープ状にして使う、簡 易テントにするなど、使い方はいろいろ。状況に応じて使い分けよう。標高の高くない無雪期の山であれば、100円ショップで入手できるブルーシートをツエ ルトの代用にしてもいい。

 

ビバーク中の大敵は寒さなので、できるかぎりの防寒対策を講じたい。とくにツエルトもブルーシートもない場合はなおさらである。まず、明るいうちに 枯れ木を集めてきて火をおこし、その火を一晩中絶やさないようにすること。火があるのとないのとでは天と地ほどの差がある。着られるものはすべて着込み、 地面からの冷えを防ぐためには空にしたザックを体の下に敷く。温かい飲み物を飲むのも暖をとるのに効果的だ。また、少しでも体力を回復させるように、可能 なかぎり睡眠をとるように心がけよう。

  • 入会お申込み
  • ヤマモリについて
  • 講演会のお知らせ
  • ネットショップ エマグストレージ
  • メールマガジン受付
  • jRO事務センター便り
  • JROチャンネル
  • 山と自然のネットワークコンパス Compass